八原 昌太郎ブログ

神戸で好きなことをしながら生きていく社長のブログ

平凡サラリーマンが自由な生活を手に入れた話!

f:id:sorea0215:20200213214750j:plain


誰もが自由な生活をしたいと強く思っているかと思います。

今回は私の経験を踏まえて「自由になるためにはどうすればいいのか!?」「なぜ多くの人が自由になれないのか」というテーマについて書いていきます。

これを読んで皆さんに少しでも気づきやきっかけを与えていきたいと思っています。

 

僕は現在31歳で会社を1社経営しています。

27歳から起業して1年間副業でビジネスを取り組み28歳で独立。

5年間は会社で営業職を勤めていました。

 

当時は自由はなく「朝起きるのが苦痛」「上司や客に怒られる」「毎日帰宅が遅い」「お金に対する将来が不安」といった悩みがあり自由は一切なかったのです。

 

帰宅も遅いので平日は1日4時間ぐらいしか自分の好きなことに費やせる時間はなく、この生活があと30~40年続くのかと思うとかなりゾッとした。

 

そのとき思ったのがもっと自由が欲しいということでした。

 

自己啓発やセミナーに行ったけど、収入や時間は増えず何も変わらなかったのです。

 

ただ、27歳の時にインターネットビジネスに出会い本業の収入を上回ることができて会社を辞めたことによって自由になれて、幸せになれたのです。

 

お金があると幸せになれるのか!?

 

お金が無くても幸せにはなれるとは思うが、合った方が幸せになれるというのが僕の意見です。

 

お金があると選択ができる。

会社の給料とは別に安定した給料が30~100万円あると会社を辞めることができます。

 

豊かさとか!?幸せとは「自由な状態」をさします。

 

自由な状態とは、少し贅沢できるような「金銭的自由」、自分の気の合う仲間しか付きあわない、自分の好きなことしかしないといった「精神的自由」、時間を気にせず自分がやりたいときにやりたいことをする「時間の自由」、常に健康であり続けたいという「心身の健康」のことを指します。

 

決して大金持ちにならなくても、人並みに生活できて時間や洗濯に縛られずに生きていけたら自由になれます。

 

ただ、今の世の中中々自由になれないのが現状。

多くの人が自由でない理由は「会社に所属している」ためです。

会社に属するということは多くの自由を奪われます。

「時間の制限」や「お金の制限」、付き合いたくない人と付き合い、お金をもらうために嫌なことをしないといけない。

 

このように会社に属していると中々自由になれないのが現状です。

 

私が自由になれた瞬間は「会社を辞めたとき」でした。

会社を辞めたとたん、一気に自由になり幸せになれたのです。

 

では、なぜあなたは自由になれないのでしょうか?

自由になるためには社会に依存せずに自分でお金を稼ぐスキルを身に付けないといけません。

こういった知識は、これまで小学校から大学生までに一切教えてもらってきておらず、会社や社会に都合よく使われるように教養されてきたので、あなたがお金を稼ぐスキルがないのは仕方ありません。

 

ただ、自分でつかみ取ることはできます。

スポーツと一緒でお金を稼ぐということはプロになることです。

実績のある指導者をつけて、正しいノウハウや知識を学んで実践していくとによって、あなたもお金を稼ぐスキルを身に付けて自由になることが可能です。

 

是非、あなたも一歩踏み出してチャレンジしてください。