八原 昌太郎ブログ

神戸で好きなことをしながら生きていく社長のブログ

意外と知らないモチベーションの保ち方

f:id:sorea0215:20200225215124j:plain



皆さん、こんにちんは。八原です。

今回は、モチベーションの保ち方について説明します。

 

【意外と知らないモチベーションの保ち方】

目標を決めたけども「長続きしない」「すぐにやめてしまう」「一時的にやる気はでるけども何日かするとモチベーションが下がる」といったこと皆さんもあるのではないでしょうか!?

僕は基本的に常にモチベーションが高く、落ちることはほぼなく行動し続けられます。

 

モチベーションを保つには目標を明確にする必要があるのですが、それ以外にとっても大切なことがあります。
それは自分の問題点を意識することです。多くの人が目標や理想の姿がボヤっとしていて明確になっていません。目標や理想の姿が明確になっていれば、それに向かって強い力が働いてモチベーションが上がりやすくなるのですが、多くの方が目標や理想の姿が明確になっていないのです。

 

では、この目標と理想の姿を明確にするのはどうすればいいのかと言うと、それが「自分の問題点を知ること」です。

 

例えば、ダイエットを例に説明しましょう。

 

太っているあなたは、やせたいというという目標がありますが、何のために痩せたいのか明確になっていないので、行動を起こすことができません。

 

そこで、例えばお医者さんに「これ以上太ったら、あなた3年後、5年後に死ぬよ」といったら、太っているあなたは死にたくないので必死になって痩せようとしますよね?

 

この説明は大袈裟ですが、ビジネスも同じ事が言えます。

 

問題点が明確になっていないから、明確な目標が決まっていないだけで、問題点が明確になれば目標は明確になるのです。

 

あとは、太っている⇀痩せたいと思ったとき、人間は「楽して」「早く」といった欲が出ます。

 

でも、「楽して」「早く」成果が出るものはこの世にはなく、あなたは努力しないといけないことをマインドセットしましょう。

 

「楽して」「早く」成果が出るものが世の中に存在しているのであれば、みんな成果が出ています。

 

なので、あとはあなたコツコツと努力する必要があります。

 

自分自身に目標コミットして努力するようにしましょう。

自分の約束を守ることができなければ、他人の約束を守ることもできない。

他人の約束を守ることができないということは信頼を得ることができないので人間として終わっていると僕は思っています。

 

そうマインドセットすることによって、あなたはモチベーションを保って行動することができます。

 

最初は小さな成功体験で問題ないので、問題点を炙り出し目標を明確にして行動していきましょう。